NYが舞台の「COLOR PIECEOUT」いよいよ情報公開!
ストーリー紹介&キャストコメント到着!

本記事ではドラマのストーリー紹介、また、キャストからのコメントをご紹介させていただきます。

あらすじ

「ニューヨークへ行ってくる。」その言葉を残し、失踪した父親を捜すリリィ。
リリィが依頼に向かったのは祖母と交流のあった《ポアロ探偵事務所》だった。
様々な仲間ができるリリィに、なぜか怪しい視線がつきまとう…。


今回主人公のリリィ・ベルを演じるのは最近注目を集めるケイラ・ファブレー。
「エレメンタリースクールミュージカル」で主人公の妹役を演じ、今回はドラマ初主演。

そして主人公リリィが頼ることになる《ポアロ探偵事務所》の探偵カルロス・シモンズを演じるのはハワード・カーク。
今まで映画作品に数多く出演しているが、今回レギュラーという形でドラマに出演するのは初めてということで、こちらも大注目。

キャストコメント

Q、今回のオファーを受けて、率直な気持ちを聞かせてください。


ケイラ・ファブレー(以下、ケイラ)

「初めてこういう大きな役をやらせてもらうから正直緊張しているわ。でも興奮もしているの!とてもエキサイティングな話なのよ。詳しく言うと…ああ!話しちゃいけないって言われてることばっかり話したくなる!ぜひ、楽しみにしてほしいわ。」

ハワード・カーク(以下、ハワード)

「今回はこういったドラマに出演する機会をもらえて、とても光栄に思っているよ。どこかで、ハワードが探偵役?嫌々だろう!なんて言われてるらしいけど。
こういう役を演じる機会がなかっただけで、嫌いなわけじゃないんだ。本当に。ケイラとも初めて共演させてもらうから、個人的には楽しみなことがとても多い。
みんなにも期待してほしいね。」


Q、役について教えていただけますか


ケイラ

「リリィはお父さんを捜しに一人でニューヨークに出てくるの。その行動力や、家族を思う心はとても好感がもてるわ。リリィと私は年も近いんだけど、彼女には学ぶこともとても多いし、みんなも彼女のそのまっすぐな思いに共感できると思う。」

ハワード

「カルロスはすこし愛想がない、かわいくないやつに見えるかもしれないけど、僕は彼の本当は誰かを救いたい気持ちや、周りの人に向けるわかりにくい愛情がとても素敵なものだと思っているんだ。そういう彼の魅力が少しでも伝わればいいと思うよ。」


今回のインタビューはここまでですが
TwitterやInstagram、本HPでも引き続き情報を発信していく予定です。
貴重なオフショットもみられるかも。
公開をお楽しみに。